オーストラリア留学を選ぶメリット・デメリット

大学留学を決めたとき、まず初めに決めなければいけないのが留学先でしょう。定番は、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアといった国でしょうか。ここでは、その中からオーストラリアを選んだ場合のメリットとデメリットをご紹介します。

まず、一番気になるのが留学費用だと思います。オーストラリアは、これらの国々の中では安いほうと言えます。イギリスが一番高いのはみなさんご存知かと思いますが、これは物価が高く授業料と生活費が高いからなのです。しかし、大学自体はほとんどの学部が3年制なので日本よりも1年早く卒業できます。

アメリカやカナダは場所にもよりますが、都市部ではイギリス並に高く郊外には安いところもありますが、大学の数が多いため、あまり安い大学だと有名な教授がいなかったり、盛んな学部がなかったりと留学する理由にならなくなってしまいます。そして、アメリカとカナダの大学は日本と同じ4年制です。日本の短大に当たる2年制の大学もありますが、大卒の資格が欲しければ4年間大学に行かなくてはなりません。

これらに比べ、比較的に安くすむのがオーストラリアです。大学はイギリスと同じ3年制です。そして、授業料も比較的安くすみ、生活費は都市部に住んだとしても、他の国に比べ一番安くすむでしょう。

アメリカで英語力を付けるなら